箕面市平和のまち条例を作る会

タグ:古川佳子 ( 1 ) タグの人気記事

意見陳述 (4)

意見陳述 (4)

箕面市平和のまち条例(案)直接請求についての意見

2007年3月2日
箕面市平和のまち条例をつくる会
代表請求者 古川佳子


古川佳子でございます。新稲におよそ66年住んで、今年80才になりました。本条例案にかかわる私の思いを述べさせていただきます。
先日、新聞で次の短歌を目にしました。<珈琲豆コスタリカ産と決めて挽く武器持たぬ国と知りて久しき>。私も「武器を捨てた国コスタリカ」という映画をみました。軍事費を教育と福祉と観光に当てているという小さな国です。日本は世界に誇る憲法前文と9条と20条という戦争犠牲者の血で贖われた平和憲法を持ち、曲りなりにも戦後60年余り、平和を保ってまいりました。でも、自衛隊と軍備をしこたま持ってしまいました。安倍内閣は、戦争ができる「ふつうの国」を目ざして憲法改悪をはかり、国のために死ねる国民を育てんがために、目下「愛国心教育」に本腰を入れています。コスタリカに憧れる私の夢はどんどん遠のいていきます。ところが、平和を願う人びとの知恵と勇気と努力は各地でフツフツと沸きあがっていて、「9条の会」が全国的に拡がり、「平和条例直接請求署名」運動も立ち上がりました。
ジュネーブ条約は、紛争がおこった時、軍事関係以外を攻げきしてはならないとしていますが、それに第1追加議定書が設けられたのは、市民社会の中の軍事施設をきびしくチェックして排除しなければ市民が巻きこまれることになるからなのです。
戦争にまきこまれるのは絶対いや!というのは、今度、この条例の署名集めでもよくわかりました。私は1927年、あえて元号でいうと昭和2年に生まれ、「一木一草にも天皇制がやどる」といわれた時代でした。
「日本ヨイ国 キヨイ国 世界ニ一ツノ 神ノ国」と洗脳され、天皇のために死ぬのが最高の道徳だとたたき込まれました。ですから、2人の兄が兵士になるのは当然だと思っていたし、日本中の都市が米軍の空襲で焼土と化しても、大うその大本営発表を信じて、いまに神風が吹いて日本は勝つのだと思っていました。防空訓練は、隣り組でも学校でも強制され、バケツリレー、縄の火たたき、砂ぶくろ等で、強大な米軍に立ち向かえと言われました。箕面は、今の山麓線の辺りに爆弾で大穴があけられたくらいでしたが、私の妹は三国で空襲に遭い、命からがら逃げ帰ってきました。45年3月の大阪大空襲の夜、二階から南の方を見たら一面の赤黒い火の海で、一体何が起こっているのかと、呆然と眺めたのを覚えています。
15年戦争が終った夜、電灯の黒布をはずして明るくなった部屋で、家族が笑い合い、ああ、これでお兄ちゃんたちが還ってくると、「平和」を痛感したのでした。私が18才の夏でした。ところが2人の兄は、すでにビルマと台湾で戦死していました。母は<これに増す悲しきことの何かあらん亡き子二人を返せこの手に>と、天皇と国家に向けて怒りと悲しみをぶつけました。私は母の悲憤を常に胸に抱きながら、1976年から99年までの24年余りを「箕面忠魂碑違憲訴訟」に原告として全力を注ぎました。
戦没学生の手記『きけ、わだつみのこえ』に<死んだ人々は還ってこない以上、生き残った人々は何がわかればいい? 死んだ人々には慨く術もない以上、生き残った人々は、誰のこと、何を慨いたらいい?>(ジャン・タルージュ 渡辺一夫訳)という詩があります。皆さま、どうかこの詩を胸に深く刻んでください。戦争ほど大きな罪悪はありません。いまも世界のあちこちで戦火が絶えません。
「平和のまちづくり条例」が市民の手で日本中に拡がっていけば、どれほどすばらしいことでしょう。箕面がそのさきがけになってほしいと熱望します。日本の政治状況がとても悪くなってきたからでしょうか、近ごろ市民の中に新風が吹きはじめた気がします。
箕面が村だった遥か昔の私の記憶には、麦の緑と菜の花とレンゲ畑がじゅうたんのように拡がっていた風景が鮮やかにやき付いています。今は127,500人の立派な市になり住宅がびっしりですが、六個山と箕面公園に昔のままの心安まるたたずまいを残しています。このすばらしい環境の中で私は3人の子を育て、常に平和運動に足軸を据えながら、多くのことを学び眼を開いていくことが出来ました。
昨年8月11日、私は国と靖国神社を相手に「靖国合祀イヤです訴訟」を始めました。原告は台湾の遺族を含む9人です。国が始めた侵略戦争に加担させられたわが肉親を神として祀り、英霊と讃め称えられるのは、後につづく戦死者を迎えるために利用されているに過ぎないので、合祀を取り消してもらいたいという訴えです。
戦争は天災ではなく人災です。将来、「あの時、大人はどうして戦争を止めなかったの?」と子どもたちから言われないようにしたいです。いま私たちは重大な岐路に立っているのではないでしょうか。市民の代表である議員の皆さまは、大きな勇気と理性をもって、本条例案をじっくり吟味していただきたいと思います。
拙い意見をお聞きくださり有難うございました。               終り
[PR]
by heiwa-minoh | 2007-03-04 06:29



箕面市で平和条例を制定すべく直接請求の署名を集めています 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
無防備宣言に賛成する箕面..
from 愉快な市民派たち@箕面
市民を犠牲にする覚悟(無..
from 愉快な市民派たち@箕面
続・箕面市の無防備地域宣..
from 愉快な市民派たち@箕面
続・箕面市の無防備地域宣..
from 愉快な市民派たち@箕面
箕面市も他人事ではない「..
from 愉快な市民派たち@箕面
箕面市も他人事ではない「..
from 愉快な市民派たち@箕面
無防備宣言Q&Aからのぞ..
from 愉快な市民派たち@箕面
無防備マンをぶっ飛ばせ~..
from 雑感だらけ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧